羽田空港国際線ターミナルまでサイクリング!駐輪場活用で空港を満喫

こんにちは、ゆきだるまです。

さて、今回は羽田空港国際線ターミナルまでにサイクリングの道のりをご紹介いたします。
通常、羽田空港まではモノレールや京急線に乗っていくことがほとんどかと思いますが、ゆきだるまは自転車で何度も訪れています。想像よりも無理なく行けるので、興味のある方はぜひ試してみてください( ´∀`)

ゆきだるま
ゆきだるま

羽田空港まで自転車で行けるの!?

日焼けだるま
日焼けだるま

アップダウンも少なく、自転車で行きやすいよ!

駐輪場もあるから安心だよ。

というわけで、今回は羽田空港までの自転車でのアクセスの方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

羽田空港までのルート

大鳥居駅付近からのルートをご紹介します。
皆さんそれぞれのルートがあるかと思いますので、大鳥居駅までは各自の行きやすいルートでたどり着く想定で話を進めたいと思います。

このルートに沿って自転車を走らせると、国際線ターミナルが見えて来るのでさほど迷うことなくたどり着けるかと思います。川を超えるあたりからは人通りも少なく、道も広いので走りやすいですよ。途中から飛行機も見えて来るのでテンションも上がります!!

道も平坦なんでとっても走りやすいです。

国際線ターミナルの駐輪場

国際線ターミナル手前の信号を曲がると駐輪場がすぐに発見できます。
場所はこちら。

こんな感じの駐輪場です。(帰り際に撮ったので夜の写真です…笑)

空いている場所に停めちゃって大丈夫です。
が、見ての通り自転車いっぱい停まってるんです(゚∀゚)

思ったより自転車で来る人多いんですねー。

ゆきだるまがお昼過ぎに到着した時には2台分だけ空きがありました…。
こんな感じでいつ行ってもいっぱいだったりするので、空いていない可能性もあるので注意です。

駐輪場の料金

料金は無料です。(2020/1/11時点)
自転車を停めて、空港内をぐるっと散策して戻ると自転車に下記のような紙が貼られているかと思います。

利用開始日の記載と注意書きですね。
これによりますと、、、なんと10日以内であれば停め続けていても大丈夫なようです。
チャレンジャーの方であれば、自転車で来て旅行して帰って来て自転車で帰る、なんてこともできそうですね(笑)

ゆきだるまは当日内でしか停めたことがないので規約をしっかりと読んで自己責任にてお願いします。(2020/1/11時点での規約)

 

国内線への移動方法

ゆきだるま
ゆきだるま

国際線への行き方は分かったけど、国内線へは電車で移動するの?国内線に行きたいんだけど…

日焼けだるま
日焼けだるま

ターミナル間の無料シャトルバスを使えば楽々移動できるよ!

せっかく国際線までたどり着いても、ターミナルの移動は結局電車なの!?と思っている方もいるかもしれませんが、ご安心ください!
国際線から国内線、国内線のターミナル1とターミナル2間を走る無料のシャトルバスがありますので、国際線、ターミナル1、ターミナル2間は無料で自由に移動が可能です。

国際線から出発の場合は1Fにターミナル間無料連絡バスの乗り場があるので、そこから行きたいターミナルへの連絡バスに乗ればオッケーです。
駐輪場からの場合だと、駐輪場に自転車を停めて国際線への入り口に向かうと思いますが、その入り口付近に乗り場があるのですぐに分かると思います。

ゆきだるまの場合は、空港に遊びに行くと、全ターミナルをシャトルバスを利用してぐるぐると周り、それぞれの展望台デッキで飛行機を眺めたり、お土産コーナーを視察したり、ご飯を食べたり、ダラダラしたり…と空港を満喫するというのが定番となっています(^o^)

国内線ターミナルでのバス乗り場については、バスで移動して降りた場所と同じ場所が乗り場にもなっているので、バスで移動して降りた場所をしっかり覚えておきましょう。次に移動する時にはまた同じ場所まで行って待っていれば大丈夫です。

まとめ

空港好きの方やサイクリング好きの方も、いつもとは違った角度から空港を見られるというもの、このサイクリングの楽しみ方の一つかと思います。

現在は、空港付近で新しい施設を建設中だったりするので、どんな風に出来上がって行くのか、その経過を見ることもできちゃう、そんなルートです。

興味のある方は、ぜひ一度は自転車でも足を運んで見てください〜♪